アメリカ生活で感じた、感覚の違い

アメリカで留学をしていて、ホームステイなどを経験したことがあるのですが、いくつか感覚の違いがありました。その感覚の違いは、外国人への対応の違いです。
アメリカの場合、ホームステイ先のホストファミリーにも温かく迎え入れてもらうことが出来ましたし、部屋なども用意してもらい、非常に受け入れ体制が整っていました。日本では、見知らぬ外国人を受け入れるということはまずありませんし、文化の違いなどに困惑をしてしまうケースが多いと思います。しかし、アメリカはそういったことがなく、どんな人も受け入れるという気持ちがあり、移民の国であることから、日本人と感覚が全く異なると思いました。
また、地下鉄内でも、感覚が異なると感じました。アメリカの地下鉄は治安が悪く、殺伐としています。いきなり停止することもあり、不親切です。
日本の地下鉄は居眠りをした利することも出来ますが、アメリカでは、スリなども多発しているので、居眠りは考えられません。こういった違いがありました。