アメリカ留学先として考えることは

4000校以上の大学や短大がアメリカにはありますから、かなり留学先というのはあります。大学とか大学院留学ということがかなり盛んになっているのがアメリカであるわけです。そして、学内には語学学校などもあったりします。つまりは、そこで学ぶ、ということもできるわけです。英語が極端に得意ではない、と言う人でも別に問題はないです。もちろん、まったくできない、ということでは駄目でしょうが、基本的にはそんなに悪いことてはないでしょう。スポーツ留学というのもありますし、様々な芸術に関する留学もありえることになります。はっきりいって最先端といえるところがアメリカには多いのです。ですから、留学先にする国としては最適であるといえるでしょう。しかし、どこにいくのか、どの都市の学校にするのか、ということもかなり重要になりますから、そこもよく考える必要性があります。そもそも受け入れてくれるのかどうか、ということに試験がないわけではありませんから、そこは覚悟しておきましょう。