アメリカの病院へ行くなら

アメリカのハワイへ留学される方、アメリカへ駐在や帯同される方に、海外就職される方、どんな方であっても、アメリカの医療費はかなり高いので、保険を持っていないと大変です。

 

会社に属している方の場合は、会社が用意している保険に加入することが割安ですし、留学される方は、日本で掛け捨ての保険でも入っていた方が安心です。

 

例えば、保険が無いと、診療だけで数万円飛びますし、注射やワクチンでも打てば、さらに数万円飛びます。

 

そして、日本の病院と違う点は、アメリカの病院は基本的に予約制です。
予約がその日中に取れないけども、どうしても病院へ行かなければならない場合は救急に行きます。

 

例え病院が普通にやっている時間内であってもです。
もちろん、値段も救急代の費用がかかります。

 

また、診察料は保険によって異なり、無料から数千円程度ですが、これをコーペイと言い、この分で診察や治療が賄えなかった場合は、後日追加の請求書が郵送で届きます。