アメリカの学校は卒業が大変?

大学を卒業後、アメリカの大学に留学していました。

 

留学する前によく言われていたのが、「アメリカの学校は卒業が大変」という話しです。それが本当なの?ということについて実際の体験談を交えてお伝えします。

 

アメリカの学校では100点満点中80点代だと「B」という評価になります。80点って日本だとかなりいい点数ですよね。でも、アメリカではこれが普通ラインです。80点を切って「C」になると、「なんか問題があったの?」「不得意教科?」という認識になります。

 

90点以上で「A」ですが、このあたりだと「頑張ったね!」と言われます。基本的には80点以上キープするのが当たり前で、大学だと全教科で70点平均を切り続けるとかなりやばいです。2学期継続すると退学もありえます。

 

これだけきくと、「やっぱり卒業が大変なんだね!」と言われてしまうのですが、実際はそこまで大変じゃないです。テストも授業から出るし、課題の評価も日本ほど厳しくないです。

 

きちんと努力すれば、よっぽど苦手じゃなければ「B」はとれます。なので、日本で言われているほど難しくはないかなと思います。

 

ただし、授業を休んだり、課題を提出しなければ、どんどん成績が下がっていくし、課題もたくさん出るので努力は必要です。頑張れば認めてくれるのがアメリカですね。